スポンサーリンク

クァンダンスの振り付け(踊り方)をフル動画&日本語で解説!反転&スローで練習用のお手本はある?

クァンダンスの振り付けフル動画とスロー反転練習用 音楽

こんにちは!

いま韓国で話題のクァンダンス!

日本ではまだまだ知られていませんが、韓国ではほとんどの若者が知っているといっても過言ではないダンスです(笑)

人気YouTuberも真似していて、韓国の音楽番組で披露されたYouTubeがでたときには4万件以上のコメントが….。

そのコメントをまとめた動画などもあり、ダンスの面白さとそれに対するコメントが反響を呼びました!

私も韓国に住んでいるのですが、”とある言葉”を発しただけで踊った事も…?!(記事の中で紹介しますね。)

ちょっと家で踊ってみるも動きが難しく、素人が踊るのには相当な練習が必要です(笑)

そして体力的にキツイ…。

そこで、練習用に反転&スローで解説している動画はないかなって探してみたんです。

  • クァンダンスの振り付けをフル動画で踊り方を解説!
  • 反転&スローで練習用のお手本はある?

をリサーチしました。

クァンダンスのポイントは手で歩くところとお尻を服用な動き!

ぜひここをマスターしてクァンダンスの魅力を誰かに見せてあげて下さい(笑)

スポンサーリンク

クァンダンスの本家!韓国の人気You Tuberの間で話題

まず、こちらをごらんください!

本家のダンスです♪

このイントロの部分の手で歩く動き、中間のおしりを拭くような動きが話題の理由です。

私も正直、初めて見た時は衝撃でした(笑)これは、ダンスなのか…。

韓国で人気のYouTuberの映像です。かなり特徴をとらえています(笑)

このダンスの最大のポイントは手で歩く動き、そして被り物を被って踊るところです。

不思議な動きですよね…。

見てるだけでも笑いが出てきます。

そして、中毒性のある曲。

若者の間では1人1クァンという言葉があるくらい(笑)

一回聞いたら1人に1回は聞かないといけなくなるとの噂が広がりました。本当だと思います(笑)

最初の始まりのメロディーを聞くと、頭から離れません…。

韓国では4月に曲が発表されましたが、その中毒性が今も続いています(笑)

そして、タイトルのクァンと踊っているひとの名前비(ビ)が話題の理由。

비(ビ)は、日本語で雨。

そのため、韓国で비(雨)が振るとこのダンスを踊らないといけない習慣ができてしまいました…。

さらに깡(クァン)という言葉は、水にもお菓子にも使われているため、その商品をみたらダンス…。

私も韓国に住んでいるのですが、비や깡という言葉を発しただけで踊ることに…。

大変な世の中になってしまいました(笑)

このダンスが有名になった理由は、ダンスの面白さ、名前のセンス、中毒性です。

皆さんも1回聞いたら頭から離れないはず!

スポンサーリンク

クァンダンスの振り付けをフル動画で踊り方を解説!

さて、ここまでクァンダンスの魅力を紹介しました。

踊りたくなってきませんか??(笑)

そこで、クァンダンス歌が始まる部分までが重要なのでそこを中心に解説します!

あなたもこれでクァン中毒~

  1. 前転
  2. 手で歩く
  3. 心臓ダンス
  4. 猿ダンス

振り付け1:前転

0:19の場面。

簡単に言えば前転です。

しかし、ポイントは、片手!片手で前転をしています。

片手をついて、反対の肩を中にいれるようにするとカッコイイです!スピード感も大事ですね~

私もやってみましたが、前転より楽です(笑)

頭をつくのではなく、耳を床につける感覚だとやりやすいですよ~

振り付け2:手で歩く

0:27の場面。

ここ、ポイントです!本当に手で歩くように歩けばできます!

下半身は力を抜いて、手だけに体重を任せます。下半身は引きずるように…。

練習する際は、フローリングのところでするか、膝あてをするのがおすすめです(笑)

振り付け3:心臓ダンス

0:30の場面。

勝手に名付けました、心臓ダンス。心臓が動いているように動かすのがポイントです。

片手を胸の前において左右に動かすようにするとカッコよく見えますね!

足の踏ん張りが重要(笑)

振り付け3:猿ダンス

0:37の場面。

この猿ダンスも勝手につけました(笑)

右足と左足を交互に上げ下げします。手も一緒に。

この時、後ろに下がっていくのがポイントです!

足をあげるのではなく、上に捨て投げるという感覚でやるとカッコイイですよ~。

スポンサーリンク

クァンダンス反転&スローで練習用のお手本はある?

スローや反転の映像があったら練習しやすいと思います。

そこで、スロー動画を探してみましたが見つかりました!

韓国語の解説付きで分かりにくいところはあるかもしれませんが、ゆっくり見れるので分かりやすいです!

2:05~前転の部分の解説もありました。

手を地面につけて肩を前にするように転がります。転がった後は、ゆっくり起きます。

3:00~手で歩くところの解説です。

一番重要なことは、片手は手のひらをついて、もう片方は拳のかたちにすることです。

足は広げた状態でストレッチをするように。そのまま、右手左手右手左手と3回歩きます。

その後に、その場で立てば完璧!

 

3:40~心臓ダンスです。

ゴリラをイメージして怒ったゴリラのように胸を動かしてください。

この時に足をしっかり固定して、重心が安定した状態で右、左、右、左と動かします。

最後にキメポーズ!(笑)

 

4:35~猿ダンス(笑)

ダウンしながら動かしますが、手も一緒に動かさないといけません。

怒ったように左足をついて反対に、そして反対に。

最後に両足をついてストップ!

 

重要なところだけ、日本語にしてみました!

これで、ポイントダンスは完璧ですね♪

また、スローダンスもありました!

重要なイントロの部分がありませんが(笑)

イントロの部分もこれから公開してくれることを期待します!

スポンサーリンク

まとめ

クァンダンスは、現在進行形で広まり続けているダンス。

  • クァンダンスの振り付け(踊り方)をフル動画&日本語で解説
  • 反転&スローで練習用のお手本はある?

この2点を中心に解説しました。

クァンダンスは中毒性があり、人気YouTuberが真似していることも人気の理由です。

振付は、全部は難しいので最初の歌が始まる前までのダンスを覚えることをおすすめします。

とりあえず、出来ても出来なくても全力がポイント!(笑)

私自身も踊ってみましたが、ダイエットにも効果的だと思います。

1度ダイエットとしてやってみるのもいいかもれませんね!

皆さんもクァン中毒になってみてください~

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました